薬と葉

性器クラミジアは日本で一番患者数の報告数が多い性病で、2018年には医療機関で2万5千人が診断されています。このうち約半数が男性患者で、中には重症化して入院治療をしなければならない人もいます。性器クラミジアは日本国内で身近な感染症のひとつであり、決して遠い世界の病気ではありません。性的に活発な人であれば誰でも罹る可能性がある病気なので、発症した場合の対処方法や予防方法についての情報を得ることは非常に大切です。

クラミジアについて知識を深めよう

多くの人は性器クラミジアが性感染症であることを知っていますが、症状や治療方法についてはあまり知られていません。性器クラミジア感染症は男性・女性ともに初期症状を発症した場合でも自覚症状が出にくいので、発病しても気づかないケースが多いです。治療を受けなくても自然に治癒すると思っている人も少なくなく、病気に対する認知度が低いことが感染者が増える原因となっています。クラミジアは放置し続けても自然治癒することがなく、重症化すると不妊症や命を落としてしまう恐れのある危険な感染症であることを知っておく必要があります。

男性がクラミジアに感染すると、1~3週間ほどの潜伏期間を経た後に初期症状を発症します。病原体は最初に尿道に移動して炎症を起こし、尿道炎を発症します。尿道炎を発症すると排尿時に痛みや違和感を感じるようになりますが、半分くらいの人は自覚症状が全く出ません。治療をしないで放置しても自然治癒することは無く、病原体は生殖器(睾丸)に移動して炎症を起こすようになります。

クラミジアの病原体が睾丸に移動すると、精巣の入口の部分にある精巣上体で炎症(精巣上体炎)が起こります。精巣上体炎を発症すると強い圧痛や発熱などの症状が出るので、ほとんどの人はこの時点で病気であることに気づきます。精巣上体炎を放置すると男性不妊になる恐れがあるので、早めに治療を受けることが大切です。重症化すると飲み薬では対応ができなくなり、入院して点滴治療を受けなければならなくなってしまいます。

女性がクラミジアに感染して発症すると、最初は膣炎や子宮の入り口部分の炎症(子宮頸管炎)を発症します。この時点では8割の人が痛みなどの自覚症状は出ないので、病気に気づくことはありません。病原体が子宮内部や卵管に進むと子宮内膜炎や卵管炎を起こし、治療が遅れると完治後に不妊症になってしまいます。生殖器の炎症に気づかずに放置し続けると、病原体が腹腔内に移動して炎症を起こします。肝周囲炎などを発症すると非常に強い痛みや発熱の症状が出て、命を失う危険があります。

クラミジアの病原体は人間の粘膜の細胞に感染する性質を持ち、性器・泌尿器・咽頭(のど)・眼球・直腸などの粘膜に寄生して増殖します。粘膜同士が接触するだけで病原体が伝染するので、性器性交やオーラルセックスなどが原因で人から人にうつってしまいます。

クラミジアは薬で治すことができる

クラミジア感染症の病原体は細菌(クラミジア・トラコマチス)なので、抗生物質を有効成分とする治療薬で治すことができます。治療薬を投与することで体内の病原菌を完全に死滅させることができるので、完治させることが可能です。ただし完治後も免疫を獲得することができないので、再び感染して再発する恐れがあります。

クラミジアの治療方法ですが、初期症状の段階であれば飲み薬だけで治すことができます。クラミジア・トラコマチスは細胞壁を持つ細菌ですが、細胞壁にはペプチドグリカンが含まれていません。このため、ペニシリン系・セフェム系抗生物質はクラミジアに対する抗菌力を持ちません。クラミジアの治療には、マクロライド系・キノロン系・テトラサイクリン系抗生物質などを有効成分とする抗菌薬(内服薬または点滴薬)が使用されます。

性器クラミジアの治療には、一般的にマクロライド系抗生物質のアジスロマイシンを含む治療薬(ジスロマック)が使用されます。治療方法ですが、最初に1回だけジスロマック500mg錠を2個飲みます。ジスロマックを飲むと7日間にわたり体内で抗菌効果を発揮し続け、8~9割が完治します。ただし咽頭クラミジアの場合はジスロマックを飲んでも完治しない場合があり、クラビットなどの他の治療薬を服用する必要があります。

性器クラミジアは初期症状の段階で治療を開始すれば、飲み薬だけで簡単に治療をすることができます。もしも治療開始が遅れて重症化してしまうと飲み薬だけでは対応できなくなり、入院して点滴治療を受ける必要があります。重症化させないためには、早めに見つけて治療を開始することが大切です。

クラミジアを完治させるためには、抗生物質を含む治療薬(内服薬または点滴薬)を服用する必要があります。消炎剤や痛み止めは一般向けに販売されていますが、これらの薬では病気を完治させることができません。体内の病原菌を完全に死滅させるためには、抗菌薬を服用しなければなりません。

日本国内では抗生物質を含む内服薬や点滴薬は医療用医薬品に指定されているので、薬を購入するためには医師の診察を受けて処方箋を出してもらう必要があります。クラミジア感染症の初期症状に気づいたら、泌尿器科や性病クリニックで診察を受けてから薬を処方してもらうようにしましょう。

クラミジアの治療薬はネット通販で買える

クラミジア感染症の治療薬はいくつかの種類がありますが、いずれも抗生物質が含まれた抗菌薬です。最も多く使われている治療薬はジスロマック錠ですが、この薬も一般向けに市販されていません。ジスロマック錠を服用するためには、医療機関で医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。

日本国内で医療用医薬品を購入するためには医師の診察を受ける必要がありますが、海外から個人輸入する方法であれば処方箋がなくても買うことができます。日本の法律では、自分で服用する目的に限り海外から処方箋薬を個人輸入して使用することが認められているからです。

海外から医療用医薬品を個人輸入する場合、日本人向けに輸入代行サービスを行っている会社の通販サイトを利用すればとても簡単です。医薬品の代行輸入をする会社では、日本語の通販サイトを設置しています。このようなサイトにアクセスして商品を選んでクレジット決済や銀行振込で代金の支払い手続きを済ませれば、海外向けに販売されている医薬品を指定した場所(自宅)に届けてもらえます。ネット通販で海外から感染症の治療薬を購入すれば、病院に行かなくてもクラミジアを自分で治療することができます。この方法だと健康保険が適応されませんが、病院に行く手間や診察料を支払う必要がないというメリットがあります。

ネット通販を利用すれば病院で処方されるジスロマックを簡単に購入することができますが、安い値段で販売されているジェネリック医薬品を選ぶことも可能です。クラミジアの治療に有効な治療薬の多くはジェネリック医薬品が製造・販売されていて、先発薬と比べると半額程度で購入できます。

ネット通販を利用すれば多くの種類の医療用医薬品を病院に行かなくても簡単に購入できますが、注意すべき点があります。海外向けに販売されている商品が海外から発送されるので、注文後に品物が届くまでに10日~2週間ほどの日数がかかります。発症した後に薬を注文すると手遅れになって重症化してしまうかもしれないので、病気になる前に薬を買って備えておく必要があります。商品の価格に加えて送料も負担しなければならないので、数回分をまとめ買いしておいた方がお得です。薬によっては1錠に含まれる有効成分の量が違うタイプがあるので、飲む前に有効成分の量を確認するようにしましょう。

記事一覧
尖圭コンジローマになると男性器の形が変わる!どう治す? 2019年11月29日

尖圭コンジローマはポピュラーな性病のひとつで、男性・女性ともに多くの人が発症して治療を受けています。尖圭コンジローマの病原体はヒトパピローマウイルスで、感染する...

性病かどうかセルフ検査できるキットがある!試してみては? 2019年12月07日

性感染症(性病)の多くは、感染直後や初期症状を発症した際に強い痛みなどの自覚症状が出ません。このため感染初期には気づかずに、重症化して初めて病気に罹っていること...

男性器にかゆみや痛みを感じたら性器ヘルペスかも!治るの? 2019年12月03日

感染すると男性器に発症する性病はいくつか存在しますが、性器ヘルペスは性器に発症する性感染症の中でもポピュラーな部類に入ります。性交経験の有無に関係なく、多くの人...

クラミジアは目にも感染しクラミジア結膜炎になることもある! 2019年12月01日

クラミジアと聞くと、性器や泌尿器に感染して炎症を起こす病気というイメージを持つ方が少なくありません。クラミジア感染症で一番多いのは性器や泌尿器の炎症ですが、病原...

記事一覧
尖圭コンジローマになると男性器の形が変わる!どう治す?

尖圭コンジローマはポピュラーな性病のひとつで、男性・女性ともに多くの人が発症して治療を受けています。尖圭コンジローマの病原体はヒトパピローマウイルスで、感染する...

2019年11月29日
性病かどうかセルフ検査できるキットがある!試してみては?

性感染症(性病)の多くは、感染直後や初期症状を発症した際に強い痛みなどの自覚症状が出ません。このため感染初期には気づかずに、重症化して初めて病気に罹っていること...

2019年12月07日
男性器にかゆみや痛みを感じたら性器ヘルペスかも!治るの?

感染すると男性器に発症する性病はいくつか存在しますが、性器ヘルペスは性器に発症する性感染症の中でもポピュラーな部類に入ります。性交経験の有無に関係なく、多くの人...

2019年12月03日
クラミジアは目にも感染しクラミジア結膜炎になることもある!

クラミジアと聞くと、性器や泌尿器に感染して炎症を起こす病気というイメージを持つ方が少なくありません。クラミジア感染症で一番多いのは性器や泌尿器の炎症ですが、病原...

2019年12月01日