• ホーム
  • 性病かどうかセルフ検査できるキットがある!試してみては?

性病かどうかセルフ検査できるキットがある!試してみては?

男性と話している医者

性感染症(性病)の多くは、感染直後や初期症状を発症した際に強い痛みなどの自覚症状が出ません。このため感染初期には気づかずに、重症化して初めて病気に罹っていることが分かるケースが多いです。性器ヘルペスのように放置しても自然に治癒するものがありますが、ほとんどの性病は放置すると治癒しないで症状が悪化します。中にはHIVや梅毒のように、治療をしないと命を落とす危険な感染症もあります。

性病の多くは、早期に発見して適切な治療を受ければ簡単に治癒させることができます。HIVに感染した場合は完治させることができませんが、発病する前に治療を開始することで発症を防ぐことは可能です。性感染症は自覚症状が出ていない段階で見つけることが大切で、検査を受けることで早期発見ができる場合があります。

性病検査のために病院や保健所を利用する方法がありますが、恥ずかしかったり忙しいなどの理由で医療機関で受診することが難しい人は少なくありません。病院や保健所を利用することが難しい人は、検査キットがおすすめです。性病の検査キットがあれば、自宅に居ながら誰にも知られずに性病のセルフチェックをすることができます。性病の検査キットは通販サイトで販売されていて、自宅のほかに近所の郵便局などに配達してもらえます。

性病用の検査キットは性別やチェックする感染症ごとにいくつかの種類がありますが、いずれも自分で操作して検体を採取します。採取する検体には、性分泌物(おりもの・粘膜)や血液・尿などがあります。キットには採取に必要な器具が揃っていて、専用の容器に封入してから検査機関に郵送します。検査結果はインターネットで確認することができ、郵送時に本名を記入する必要がありません。検査費用は販売価格に含まれているので、検査キットを入手したら検体を採取して専用の封筒で送付するだけで性病チェックができます。

性病の検査キットは自分で試料の採取をする必要がありますが、説明書をみれば初めての人でも操作ができるようになっています。一部の会社は動画投稿サイトの専用チャンネルに解説動画が用意されているので、動画を見ながら検体を採取すると良いでしょう。

病院や保健所で検査を受けたくない方は、検査キットを使って自分で検査をしてみると良いでしょう。検査をしてもしも陽性反応が出た場合は、性病クリニックや病院で診察を受ける必要があります。病院や性病クリニックで診察を受けたくない人は、ネット通販を通して治療薬を海外から個人輸入して服用する方法もあります。