• ホーム
  • 性病を予防するには性行為をしないかコンドームの着用を!

性病を予防するには性行為をしないかコンドームの着用を!

性病(性感染症)の病原体の多くは、性行為の際に皮膚・粘膜の接触や血液・体液などを通して人から人に伝染します。性病の病原体(細菌やウイルス)は弱いので、人間の体を離れると短時間で感染力を失ってしまいます。このため、日常生活では性病に感染することはありません。性病を予防するためには感染者と性行為をしないか、男性が正しくコンドームを着用して粘膜や血液・性分泌液の接触を避ける必要があります。

ほとんどの性病は、性交渉の際に男性がコンドームを着用することで感染を予防することができます。コンドームを着用していたとしても、使い方によっては性病を予防することができない場合があるので注意が必要です。着用する前に使用期限を確認したり、ゴムの表面に傷がないかチェックしておくようにしましょう。2重に重ねて着用するなどのように、間違った使用方法をすると破損する恐れがあるので注意が必要です。

オーラルセックスやアナルセックスであれば妊娠することがないため、コンドームを着用しないケースが少なくありません。オーラルセックスを行う性風俗店の中には、コンドームを使用しない場合があります。妊娠をする可能性がなくても、体液や粘膜が接触すると病原体が伝染する危険性があります。性病を予防するためには、オーラルセックスでもコンドームを着用するべきです。クラミジアや淋病は粘膜が接触するだけで感染してしまうので、射精の時だけコンドームを着用するといった使い方では性病を予防することができないので注意しましょう。

コンドームを着用することで多くの種類の性病を予防することができますが、病気の中には予防することができないものがあるので注意が必要です。梅毒は性器以外の場所に病変部(湿疹など)ができ、触れるだけで感染する危険性があります。このような病気を予防する唯一の方法は、感染者との性行為をしないことです。

性病を予防するためにコンドームを着用することは大切ですが、確実に病気の感染を防ぐことができるという訳ではありません。性病に罹らないようにするためには、病原体に感染している可能性の高い人と性交渉をしないことも大切です。短期間で複数のパートナーと性交渉をしたり、性的に活発な人と性交をする場合は特に注意すべきです。性風俗店を利用することや出会い系アプリで知り合った相手と性行為をすると、性病に感染するリスクを高めてしまうので注意しましょう。